2022.09.16 [更新/お知らせ]
第35回東京国際映画祭 コンペティション部門審査委員長 決定!

10月24日(月)~11月2日(水)開催の第35回東京国際映画祭で、詳細が決まってまいりましたので、21日(水)のフルラインナップ発表会見に先立ちまして、お知らせいたします。
 
コンペティション部門 審査委員長

審査委員長映画祭の顔となるコンペティション部門の審査委員長を、舞台「ライオンキング」(1997)の演出や映画『タイタス』(1999)、『フリーダ』(2002)、『アクロス・ザ・ユニバース』(2007)、『グロリアス 世界を動かした女たち』(2020)などを監督した舞台演出家・映画監督のジュリー・テイモアが務めることが決定いたしました!
昨年のイザベル・ユペールに続き、女性の審査委員長となります。その他の審査員(全5名予定)に関してましては、後日別途お知らせいたします。世界中から集められた珠玉のコンペ作品(全15作品)を世界の目で審査して頂きます。


 
コメント
ジュリー・テイモア:

芸術は私たちを混沌の中から導き出し、道を切り開く道標です。暗い劇場の中、目の前で明滅する映像は、私たちを深く引き込み、孤立した単一の自己存在から引き離します。映画館で作品にひたってください。そこは、私たちがまったく知らないこと、知っていると思っていること、個人的に経験したことの境界をともに越えさせてくれる宮殿です。他人の人生や愛に没入して、鼓舞され、苦悶させられてください。第35回東京国際映画祭のコンペティション部門国際審査委員長として来日できることを、とても光栄に思います。
 
東京国際映画祭チェアマン 安藤裕康:
ジュリー・テイモアさんは、ミュージカルの演出だけでなく、多くの優れた映画を監督しています。特に、若い頃に日本で人形浄瑠璃を学び、それを自分の作品に活かすなど、日本との関係も深い。また、彼女は黒澤明の大ファンでもあり、黒澤明賞復活の年にふさわしい審査委員長でしょう。
 
→第35回東京国際映画祭 審査委員はコチラ
 
→黒澤明賞についてはコチラ
→特集企画決定!
 
第35回東京国際映画祭
■開催期間:2022年10月24日(月)~11月2日(水)
■会場: 日比谷・有楽町・丸の内・銀座地区
 
TIFFCOM ONLINE 2022 tiffcom.jp
■開催期間:2022年10月25日(火)~10月27日(木)

  • 日比谷シネマフェスティバル2022
  • 都営地下鉄・都営バスキャンペーン
  • 第35回東京国際映画祭デイリーペーパー TIFF Times 会期、無料配布中!
  • 35th TIFFオフィシャルグッズ 各会場、公式オンラインショップで販売中 11月2日まで(一部を除く)
オフィシャルパートナー