東京国際映画祭 チェアマン
ご挨拶
安藤裕康

2年以上にわたり世界中がコロナ禍に苦しんでいる中、東京国際映画祭も苦闘しながら、なんとかリアルの形で映画祭を実現して来ました。

現在も依然として厳しい状況に変わりはありませんが、私たちはポストコロナに向けて更に飛躍して行きたいと様々な努力を続けて参ります。

昨年から会場を日比谷・有楽町・丸の内・銀座地区に移転しました。今年は使用する劇場を更に拡大し、スクリーン数と上映作品数を増やすことができました。この地域の企業、行政等との連携も深めつつあります。

映画祭の重要な使命である内外映画人の交流も深化させたいと思います。コロナ下での出入国の制約を乗り越えて、世界と日本の映画を通じる絆を強化します。

そして映画祭の1丁目1番地である上映作品については、絶えず工夫を凝らしながら、アジアを代表する映画祭にふさわしいラインアップの充実に努めたい考えです。

皆様方のご支援をよろしくお願い致します。

 

第35回東京国際映画祭
チェアマン
安藤 裕康

安藤 裕康(あんどう ひろやす) 略歴

1944年生まれ。1970年に東京大学を卒業後、外務省に入省。外交官として米国、フィリピンや英国での勤務を経て、内閣総理大臣秘書官、在米国日本国大使館公使(特命全権)、中東アフリカ局長、在ニューヨーク総領事(大使)、内閣官房副長官補、駐イタリア特命全権大使等を歴任。2011年10月より2020年9月まで国際交流基金理事長として、外国との文化交流に取り組む。2019年の第32回TIFFよりチェアマンに就任。

  • 日比谷シネマフェスティバル2022
  • 都営地下鉄・都営バスキャンペーン
オフィシャルパートナー