プレスパス

第35回東京国際映画祭は、2022年10月24日(月)~11月2日(水)に開催いたします。
本年もご取材の程よろしくお願いいたします。



取材希望の皆様を対象に、映画祭期間中有効のプレスパスを発行いたします。
映画祭でのご取材にはプレスパスのQRコード受付が必須になりますので必ずご取得をお願いいたします。

プレスパスには「プレスパスA」と「プレスパスB」の2種類があります。
ジャーナリスト・ライター・記者及びテレビ・ラジオのディレクター・ブロデューサーの方は、プレスパスAをお選びください。下記の表に記載されている効力が付与されます。

テレビディレクターに同行するクルーの方はご取材当日受付にて「クルーパス」を発行いたします。
単独でご取材されるカメラマン・技術クルーの方プレスパスBをご取得ください。
※プレスパスの個人認証はメールアドレスにて行っておりますので共有アドレス(Info等)でのご登録はご遠慮ください。
※プレスパスAをご希望の方は過去1年間に担当された記事のご提出をお願いします。
※プレスパスAを取得された方は、閉会後、第35回東京国際映画祭関連掲載記事の提出ご協力お願いします。



【事務局から送信される情報やプレスリリースを英語で受け取りたい方】

本ウェブサイトの言語を英語表示に変更の上、英語でご登録願います。
* If you wish to receive the press releases and other information in the English, please make sure to select "English" from webpage language preferences, and use the English form to apply and register.

下の「申請・登録確認はこちら」ボタンより、ご申請ください。
継続の方は、事務局から送付されたID(または登録メールアドレス)をお手元にご用意の上、下の「申請・登録確認はこちら」ボタンをクリックし、申請ページの【ログイン】からご申請下さい。
新規の方は、下の「申請・登録確認はこちら」ボタンをクリックし、申請ページの【新規登録する】からご申請下さい。



「プレスパスA」または「プレスパスB」のどちらかをお選びください。

効力 プレスパスA プレスパスB
ジャーナリスト・ライター・記者及びテレビ・ラジオのディレクター・ブロデューサーの方は、こちらをお選びください。(※テレビディレクターに同行するクルーの方はご取材当日受付にて「クルーパス」を発行いたします) 単独でご取材されるカメラマン、音声などの技術クルーの方はこちらをお選びください。
P&I上映鑑賞(プレス&インダストリー) ×
舞台挨拶取材
記者会見取材
イベント取材
プレスセンター&プレスインフォメーション利用
TIFFプレスキット受け取り ×
TIFFからのプレス用リリース配信
プレスパス登録申請の締切およびお問い合わせ

2022年度のプレスパス登録申請の締め切りは以下になります。
◆最終締切:2022年10月17日(月)23時59分迄

プレスパスについてのお問い合わせ、ご質問は、下記メールアドレスまでご連絡下さい。
tiff-press@tiff-jp.net

プレスパスのお受け取りについて

今年度のプレスパス申請が完了しますと「マイページ」にログインいただけます。そちらにて登録状況やパス受け取り情報などが確認いただけます。また事前受取りの日程が確定次第ご登録メールアドレス宛にご案内いたします。

※尚、例年パスの使いまわし、虚偽の登録などの迷惑行為が発生しております。
このような迷惑行為がある場合、会期中であってもパスの効力は失効いたします。また次年度以降、パスの申請が出来なくなります。



■新型コロナウイルス感染症予防対策の基本的な取組み

第35回東京国際映画祭は、映画祭開催にあたり、感染症防止対策に万全を期し、マスコミの皆様の安心・安全を確保するため、東京都策定の「東京都感染拡大防止ガイドライン」及び全国興行生活衛生同業組合連合会策定の「映画館営業におけるガイドライン」を踏まえた感染症予防の取り組みを行ってまいります。また、メディカルサポーターの「I Check」様のご協力で運営スタッフには抗原検査も行ってまいります。マスコミの皆さまにも何卒ご理解とご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。



  • 日比谷シネマフェスティバル2022
  • 都営地下鉄・都営バスキャンペーン
オフィシャルパートナー