2022.06.07 [更新/お知らせ]
アテネ・フランセ文化センターにて「福岡市総合図書館所蔵作品アジア映画セレクション Dedicated to the late Tadao Sato」開催。石坂健治シニア・プログラマーが2つのトークに登壇します。

6月27日(月)~7月2日(土)、アテネ・フランセ文化センターにて「福岡市総合図書館所蔵作品アジア映画セレクション Dedicated to the late Tadao Sato」が開催されます。石坂健治TIFFシニア・プログラマーが代表を務める日本映像学会アジア映画研究会が共催し、石坂SPは2つのトークに登壇します。
福岡市総合図書館はFIAF(国際フィルム・アーカイブ連盟)の準会員として、アジアフォーカス・福岡国際映画祭(1991ー2020)で上映された優れたアジアの作品を中心に積極的に収集・保存してきました。このたび同館は収蔵作品を日本国内で広く活用するためにBlu-ray化に着手し、上映機会の拡大を図ることとなりました。 今回はTIFFでもお馴染みのリリ・リザ、キドラット・タヒミックの作品など、Blu-ray化された7作品に加えて2作品を特別上映するとともに、日本におけるアジア映画普及の足跡と展望を語る2つのトークを実施します。なお、この特集は、福岡市総合図書館アジア映画ライブラリーの設立と推進に尽力し、本年3月に逝去された映画評論家の佐藤忠男さんに捧げられています。
 
◎会期:2022年6月27日(月)~7月2日(土)
◎会場・主催:アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水・水道橋)⇒ アクセス
◎共催:日本映像学会アジア映画研究会
◎協力:福岡市総合図書館、コミュニティシネマセンター、シネマトリックス、株式会社スモールトーク
⇒詳細ページ athenee.net
◎上映予定作品:
『悪夢の香り』監督:キドラット・タヒミック
『私はガンディーを殺していない』監督:ジャヌ・バルア
『ヴィレッジ・オブ・ホープ』監督:ブンソン・ナークプー
『トゥルー・ヌーン』監督:ノシール・サイードフ
『虹の兵士たち』監督:リリ・リザ
『夢追いかけて』監督:リリ・リザ
『ジャングル・スクール』監督:リリ・リザ
『土曜の午後に』監督:モストファ・サルワル・ファルキ
『牛』監督:ダリウシュ・メールジュイ