2022.12.09 [更新/お知らせ]
訃報・吉田喜重監督

映画監督の吉田喜重さんが、2022年12月8日にお亡くなりになりました。89歳でした。
 
1933年福井市生まれ。1955年、東京大学文学部仏文学科卒業後、松竹に入社。木下惠介などの助監督を経て、『ろくでなし』(60)で監督デビューを果たす。後に妻となる岡田茉莉子主演『秋津温泉』(62)をはじめ、松竹ヌーベルバーグの旗手として活躍。1966年、現代映画社を設立。『エロス+虐殺』(69)『戒厳令』(73)など、現在に至るまで数多くの映画作品およびドキュメンタリーを製作。『鏡の女たち』(02)はカンヌ国際映画祭の公式招待作品として上映された。2008年、ポンピドゥー・センター(パリ)で大規模回顧上映が行われた。2020年、歴史長編小説『贖罪 ナチス副総統ルドルフ・ヘスの戦争』を上梓。
 
2020年、第33回東京国際映画祭で行われた、トークシリーズ 「アジア交流ラウンジ」に登壇され、リティ・パン監督と対談、ご自身の映画制作の原点や映画監督という職業について語られました。
 
謹んで哀悼の意を表しますとともに、心からお悔やみを申し上げます。
東京国際映画祭
 

 
吉田喜重監督

©2020 TIFF
オフィシャルパートナー