2022.08.18 [更新/お知らせ]
第35回東京国際映画祭 更なる進化へ!会場拡大、新ポスタービジュアル完成!

新型コロナウイルスが猛威を奮っている状況ではありますが、第35回東京国際映画祭は2022年 10 月 24日(月)~11 月 2日(水)にリアル開催するべく準備を進めています。
昨年から会場を日比谷・有楽町・銀座エリアに移し、プログラミング・ディレクターも替わり大きな進化を果たしました。
今年もさらにその進化を加速していきます。まず会場が大幅な拡大を致します。10月24日(月)のオープニングセレモニーに関しては、初の会場となる東京宝塚劇場で行うほか、クロージングセレモニーは東京国際フォーラム ホールC、上映劇場は昨年の角川シネマ有楽町、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ有楽町、TOHOシネマズ シャンテ、有楽町よみうりホールに加え、TOHOシネマズ 日比谷(昨年はクロージングセレモニーのみ使用)、丸の内 TOEI丸の内ピカデリーの大型劇場が加わります。これにより上映本数も拡大予定で、いよいよ本格的な展開が始まります。また、三井不動産、三菱地所といった日比谷・丸の内地区の有力企業ともより連携を深め、千代田区などの行政側とも協力体制を敷き、全銀座会等の地元団体とも様々なコラボレーションを図っていき、エリア展開も含めた街ぐるみの映画祭となっていきます。
また、あくまで新型コロナウイルスの感染状況次第ではありますが、今年は海外からも多くのゲストにご参加頂きたいと思っています。東京の秋を彩る華やかな映画祭にしたく願っておりますので、ご期待頂ければと思います。
 

新ポスタービジュアルそして、昨年からポスターのビジュアル監修をコシノジュンコさんにお願いをし、従来とは異なるビジュアルを打ち出しましたが、今年も引き続きコシノジュンコさんにポスターを手掛けて頂き、「飛躍」をテーマに躍動感あふれるビジュアルが完成しました。明日8月19日(金)から各劇場で掲出予定となっておりますので、昨年以上の盛り上がりをご期待下さい。

■コシノジュンコさんコメント
映画祭はファッション、モードといったものと縁遠かった気がしますが、このビジュアルを見てもらうと映画祭に広がりができるかなと思います。ここから今年はちょっと面白いことになりそうな気がしています。今コロナで溜まった文化の爆発が起きていて、ファッションも映画もクリエイティブな爆発が楽しみです。

 

新着ニュース
  • 日比谷シネマフェスティバル2022
  • 都営地下鉄・都営バスキャンペーン
オフィシャルパートナー