第35回東京国際映画祭 新型コロナウイルス感染症予防対策基本指針
第35回東京国際映画祭は、映画祭開催にあたり、感染症予防対策に万全を期し、観客の皆様、マスコミの皆様、参加ゲストの皆様の安心・安全を確保するため、東京都策定の「事業者向け東京都感染拡大防止ガイドライン」及び全国興行生活衛生同業組合連合会策定の「映画館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を踏まえ、感染症予防の取り組みを行ってまいります。
第35回東京国際映画祭における新型コロナウイルス対策について
映画祭スタッフは、下記項目を順守してイベント実施にあたります。
【基本的な取組み】
  • 会場のリスク評価の実施 接触感染のリスクが考えられる箇所(高頻度接触部位)や場所(3密や発声リスクのある場所)を把握する。
  • 三密(密閉空間・密集場所・密接場面)を作らない現場を作り、映画祭の運営をする。
  • 準備や打合せ時、取材時、本番時に大勢が1箇所に集まる状況は極力避ける。
  • 常に人との距離を取るよう意識しながら業務を遂行する。
  • 出勤前・現場到着後の検温をはじめ、勤務中も常に体調確認を行う。
  • マスクを常時正しく着用する (登壇時のゲストは除く)。
  • 各自、手洗い、うがい、手指消毒を、こまめに実施する。
  • 出品作品のゲスト等との対面の際は事前の検温・消毒、フェイスシールド、マスク、手袋を着用する。
  • 機材、備品など、共有備品は使用後必ず消毒を実施する。
  • 近距離、対面、大声での会話は避ける。
  • 常に換気の良い環境作りを意識しながら業務を遂行する。
  • 期間中に感染が疑われる者が発生した場合、所轄保健所と速やかに連携が図れるよう連絡体制を整える。
  • 会期前・会期中に、スクリーニング検査(抗原検査)を適宜実施する。
  • 勤務中に体調不良になった場合は、状況に応じて自宅待機、スクリーニング検査等を行う。
  • 近親者に陽性者が出るなど、濃厚接触の疑いがある場合は、PCR検査等を行う。
【会場での感染予防の取り組み】
  • 混雑が想定される場所で、人と人の距離を保てるよう十分な対策を行います。
  • 作品ゲスト等の登壇を伴う上映では、登壇ゲストと着席されるお客様との距離を2m確保いたします。
  • 全てのスタッフ・関係者に対し、会場に入る前に検温を実施し、正しいマスク着用、こまめな手洗い、手指の消毒を徹底いたします。また一部係員は、フェイスシールド及び手袋を着用させていただきます。
  • チケット販売窓口など、来場者への対面対応が必要な場所においては、アクリル板や透明ビニールカーテン等を設置し飛沫感染防止対策を施します。
  • 会場内の各所に消毒液を設置いたします。
  • 会場内の手すり・ドアノブ等お手を触れられる箇所の消毒作業を徹底いたします。
  • 劇場内の空気が外気と入れ替わる空調システムを使用し、法律に基づいた定期的な換気を行っております。
    ※各会場とも、最大収容人数の必要な換気を行うことができる換気設備を設置しており、これらの換気設備を各種法令に基づき、適切に運用しています。
  • 清掃やごみの廃棄を行う際は、マスクや手袋を着用し、作業後は手洗い・消毒を徹底します。
【映画祭にお越しになる皆様へのお願い】
  • ご来場の際は、必ずマスクの正しい着用をお願いいたします。
    ※着用がない場合はご入場をお断りさせていただくことがあります。
  • 以下に該当するお客様はご来場を控えていただきますようお願いいたします。
    • ご自身や、ご自身の身近に新型コロナウイルス感染症の疑いがある方、陽性とされた方との濃厚接触がある方
    • 新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けている方や、医師に自宅待機指示を受けている方
    • 体調不良の諸症状がある方
      ※37.5℃以上の発熱、咳、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、咽頭痛、味覚・嗅覚障害、下痢、嘔吐・吐き気等の症状がある方。またそれに限らず体調の優れない方
    • 新型コロナウイルス感染症の検査結果待ちの方
  • ご入場に際しては、非接触型体温計による検温、又はサーモグラフィーによる表体温スクリーニングをさせていただきます。検知結果によっては、改めて体温測定をさせていただき、37.5℃以上の発熱が確認された場合、ご入場をお断りさせていただきます。
  • こまめな手洗いや備え付けの消毒液のご使用、咳エチケットにご協力をお願いいたします。
  • 会場では、可能な限り密集状況を避けていただき、一定距離の確保をお願いいたします。
  • 大声での会話はお控え下さい。
  • 整列時や入退時に混雑を避けるため、距離を空けてのご案内をお願いする場合がございます。ご入場にはお時間がかかる場合もございますがご協力とご理解のほどお願いいたします。入退場時は、他のお客様との前後の間隔を空けて御移動下さい。
  • 来場ゲスト等への声援、サイン会、プレゼントや差入、出待ち・入待ち等はご遠慮くださいますようお願いいたします。
  • 劇場では、QRコードでのチケット認証でのご入場となります。電子チケット及び、刷り出したチケットに関しましては、QRコードを読み取る際、端末及び印刷物をお客様自身にて、提示していただけますようよろしくお願いいたします。
     ※会場において、感染の疑いがある方が発生した場合、保健所等の公的機関へ個人情報を提供する場合がございます。取得した個人情報は、目的以外では使用せず、1 ケ月間保管させていただきます。
【その他】

※今後開催までの状況も踏まえ、ガイドラインの内容が改訂する場合がございます。政府や自治体からの新たな情報発表がなされた際には、このページにて随時対応をしていきますので、ご来場の前に必ず確認いただけますようよろしくお願いいたします。

感染防止徹底宣言 新型コロナウイルス感染拡大防止中 第35回東京国際映画祭
  • 日比谷シネマフェスティバル2022
  • 都営地下鉄・都営バスキャンペーン
オフィシャルパートナー