国際交流基金×東京国際映画祭 co-present 交流ラウンジ 国際交流基金×東京国際映画祭 co-present 交流ラウンジ

国際交流基金×東京国際映画祭 co-present

交流ラウンジ

国際交流基金(JF)との共催プログラムの一環として、「交流ラウンジ」を開催します。今年で3年目を迎え名称を改めた「交流ラウンジ」は、是枝裕和監督を中心とする検討会議メンバーの企画のもと、アジア、そして世界各国・地域から集う映画人と第一線で活躍する日本の映画人が東京で語り合う場です。
今年は、ゲストを実際に日本に招へいし、全員が交流ラウンジで登壇します。

事業名称:国際交流基金×東京国際映画祭co-present 交流ラウンジ
共催:国際交流基金

【視聴方法】
トークの模様は東京国際映画祭YouTubeチャンネルにて、配信(録画)でご覧いただけます。
※なお、今年度は一般参加及びライブ配信はいたしません。
10/26(水):交流ラウンジ「ブイ・タック・チュエン × 藤元明緒」の配信を開始しました。

「交流ラウンジ」ラインナップ

ブイ・タック・チュエン × 藤元明緒

ブイ・タック・チュエン × 藤元明緒

Bùi Thạc Chuyên and FUJIMOTO Akio

登壇者

ブイ・タック・チュエン(映画監督)

第35回東京国際映画祭 コンペティション部門『輝かしき灰』監督

藤元明緒(映画監督)

第33回東京国際映画祭 ワールド・フォーカス部門出品『海辺の彼女たち』監督

モデレーター

石坂健治(東京国際映画祭シニア・プログラマー/日本映画大学教授)

ミルチョ・マンチェフスキ マスタークラス

ミルチョ・マンチェフスキ マスタークラス

Master Class by Milcho Manchevski

登壇者

ミルチョ・マンチェフスキ(映画監督)

第35回東京国際映画祭 コンペティション部門『カイマック』監督

モデレーター

市山尚三(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)

ツァイ・ミンリャン × 深田晃司

ツァイ・ミンリャン × 深田晃司

Tsai Ming-liang and FUKADA Koji

登壇者

ツァイ・ミンリャン(映画監督)

第35回東京国際映画祭 ワールド・フォーカス部門「ツァイ・ミンリャン監督デビュー30周年記念特集」監督

深田晃司(映画監督)

第33回東京国際映画祭 Japan Now部門特集「気鋭の表現者 深田晃司」監督

モデレーター

石坂健治(東京国際映画祭シニア・プログラマー/日本映画大学教授)

橋本愛 × 是枝裕和
是枝裕和:©藤井保

橋本愛 × 是枝裕和

HASHIMOTO Ai and KORE-EDA Hirokazu

登壇者

橋本愛(女優)

第35回東京国際映画祭フェスティバルアンバサダー

是枝裕和(映画監督)

交流ラウンジ検討会議メンバー

ジュリー・テイモア × 行定勲
ジュリー・テイモア:©ANNIE LEIBOVITZ

ジュリー・テイモア × 行定勲

Julie Taymor and YUKISADA Isao

登壇者

ジュリー・テイモア(演劇・オペラ演出家、映画監督)

第35回東京国際映画祭 コンペティション部門審査委員長

行定 勲(映画監督・演劇演出家)

第35回東京国際映画祭 Amazon Prime Video テイクワン賞審査委員長

モデレーター

市山尚三(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)

「交流ラウンジ」検討会議メンバー

(五十音順、敬称略)

  • 荒木啓子 (ぴあフィルムフェスティバル ディレクター)
  • 石坂健治 (東京国際映画祭 シニア・プログラマー/日本映画大学 教授)
  • 市山尚三 (東京国際映画祭 プログラミング・ディレクター)
  • 是枝裕和 (映画監督)
  • 土田 環 (山形国際ドキュメンタリー映画祭 プログラムコーディネーター/早稲田大学 講師(専任))
  • 福間美由紀 (株式会社分福 プロデューサー)

関連企画

特別セッション 〜映画プロデューサーの仕事とは〜 山本晃久

特別セッション 〜映画プロデューサーの仕事とは〜 山本晃久

Special Session by YAMAMOTO Teruhisa

映画『ドライブ・マイ・カー』のプロデューサーで、現在、ウォルト・ディズニー・ジャパンで作品を手掛ける山本晃久さんをお迎えして、これまでの仕事について、また、これから期待されるプロデューサー像などについて伺います。

登壇者

山本晃久

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 プロデューサー

モデレーター

市山尚三(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)

特別セッション 日本映画の現在

特別セッション 〜日本映画の現在~

Special Session - Present situation of Japanese Cinema

今年の映画祭で上映が予定されている新進監督に今回の作品を作った経緯、困難だったこと、達成できたことを聞きつつ、日本のインディペンデント映画の現状を浮き彫りにします。

登壇者

半野喜弘(『彼方の閃光』)
まつむらしんご(『あつい胸さわぎ』)
足立紳(『雑魚どもよ、大志を抱け!』)
甫木元空(『はだかのゆめ』)
伊藤ちひろ(『ひとりぼっちじゃない』)
工藤将亮(『遠いところ』※FILMeX上映作品)
太田達成(『石がある』※FILMeX上映作品)

モデレーター

市山尚三(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)

  • 日比谷シネマフェスティバル2022
  • 都営地下鉄・都営バスキャンペーン
  • 第35回東京国際映画祭デイリーペーパー TIFF Times 会期、無料配布中!
  • 35th TIFFオフィシャルグッズ 各会場、公式オンラインショップで販売中 11月2日まで(一部を除く)
オフィシャルパートナー